‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

自己破産

2014/08/24

借金というのは返済することが難しくなると、後々さらに返済が苦しくなることが多いので、どうしても返済するのが難しくなってきたときは、早目に借金問題を解決するように考えたいものです。基本的にどうして返済が苦しくなると返済が難しくなるのか、これは収入が追いついていないということがいえますが、それ以外としても返済が遅れることで遅延損害金が発生するので、返済が遅れるほど利息の負担が大きくなるのです。また、こうした状況になりますと、遅れている金額を返済するまで遅延損害金がかかり続けるので、悪循環になることが多いです。このようになると、返済できないために借金のために借り入れしてしまうことがあります。これをしますと、さらに返済が難しくなるので、なるべく返済が苦しくなったときは債務整理をして早く解決したいものです。借金がかなり膨れ上がっても、そこで諦める必要はありません。自己破産という方法を利用しますと、どれだけ膨大な借金があっても、破産申請から免債を得ることができれば、全ての借金を消すことが可能なので、これによって人生を借金無く、新たにスタートさせることが出来ます。弁護士に破産について相談をしておくと良いです。

個人再生

2014/08/24

借金問題は先送りすればするほど解決が困難になってしまいます。抜本的な解決策を取らないまま放置しておけば、財産だけでなく大切な家族まで失ってしまうことにもなりかねません。そのようなことにならないために我が国では、法的手段を用いて借金問題を解決に導く方法が用意されています。それが債務整理です。
債務整理にはいくつかの方式がありますが、なかでも人気の高い解決方法として知られているのが個人再生と呼ばれる方式です。2000年に施行された比較的新しい法律に基づくこの方式は、地方裁判所に申し立てをおこない、再生計画が承認されることによって効力が発生します。自己破産のように債務の全額が免除されることはないのですが、借金の支払総額が大幅に減少されるほか、自家用車やマイホームなどの財産を手放さなくても済む可能性があるのが魅力です。
また自己破産の場合は免責不許可事由といってギャンブルや株式などの投資、浪費などによって形成された借金に対しては適用することができませんが、この方式では借金の総額が5000万円以下であり、将来にわたって収入が見込めるというのが要件ですので、借金の理由によって利用できないということはありません。

特定調停

2014/08/24

特定調停とは債務者が簡易裁判所に申し立てをおこない、債権者とのあいだでおこなわれる返済条件の軽減などについての協議に関して仲裁してもらう手続きのことを言います。協議成立後に減額された借金が3年程度で返済できる金額であり、将来にわたり継続した収入があると見込まれる人であればこの手続きを利用することができます。
この手続きを利用するメリットは、金利を利息制限法の上限金利まで引き下げて再計算し直すことによって借金を減額することにありますが、債権者が複数ある場合に協議したい債権者を選択することもできますので、自家用車やマイホームのローンを利用している銀行などを協議対象からはずすことによって、それらの財産を手放すことなく債務の整理をおこなうことができるのも魅力のひとつです。また自己破産のように資格制限がありませんので、この手続きを利用したからといって職を失うこともありません。
ただしこの手続きはあくまで話し合いによって解決を目指すという目的のものですので、債権者側が同意しない限り調停は成立しません。また調停が成立した場合に作成される調停証書は確定判決と同じ効力をもちますので、債権者は債務者の支払いが滞った際に訴訟をすることなく強制執行の手続きをすることが可能となります。

任意整理

2014/08/24

借金問題を解決するために色々な債務整理の方法がありますが、その中でも利用する事が多い種類は任意整理です。これは基本的に弁護士など専門家に依頼することになります。簡単に内容を説明しますと、借金を上手く返済できるように債権者と弁護士によって話し合いが行われます。こうして相談をすることで、借金の金額を減らすことができ、上手く返済計画を立て直すことが出来ます。目的とすることは借金の免除ではなく、あくまでも借金を返済するための計画の建て直しです。どうして、借金の金額を減らすことができるのかと言いますと、これはお金を借りている期間が長い場合、または利息が高い場合など、金融会社に対して利息を必要以上に支払っていることがあり、その金額を返還してもらうことで、現在持っている借金から相殺することになります。このような和解によって借金を減らすことができると、上手く返済することができるようになります。何故、専門家に依頼しなければならないのかと言いますと、自分で債権者と相談しようと思っても、相手が話を聞いてくれることはほとんどなく、過払いについても法的に話をしなければ中々打開策が見つからないからです。しっかりと相談してみると良いです。

借金問題は先送り厳禁

2014/08/24

借金問題を先送りにすると、現状よりも状況が悪化することが多いので、なるべく早く解決するために行動を起こしたいものです。借金を抱えているときに返済することが厳しい状況になると、返済日に返済することが難しくなり、返済が遅れてしまうことがあります。このような状況になった時に後からでもしっかりと返済できれば問題ないと考えていると、それはとても大きな間違いです。借金というのは返済するのが難しくなって放置していても返済が免除されるわけではなく、利息がなくなるわけでもありません。逆に返済が遅れると罰則金で利息は高い利率になりますし、その状況が続くほど、返済時の負担は大きくなります。このような返済を続けていてはいつまで経っても完済することができません。一度、返済のペースが崩れてしまい、返済の負担が大きくなると、それだけ収入を増やす必要があります。収入を増やすのは簡単ではありませんし、借金の返済が苦しいときは問題を軽視せずに早く債務整理をしたいものです。債務整理には種類があり、種類によって特徴は異なる為、借金を解決したいときは専門家に債務整理についての相談をして、借金の状況から債務整理の種類を選んでもらうと良いです。

簡単に儲かりそうな投資話に気をつけて

2014/08/24

良いビジネスがあるので投資をしませんか?という美味しい話を持ちかけられたとき、それは簡単に話しに乗るのではなく、しっかりと内容を判断しなければなりません。基本的に簡単に稼ぐことができるビジネスがあるなら、それはすでに多くの人が行なっているので、ライバルは多く成功するのが難しいと考える方が無難です。こうした投資話というのは世間において到るところにあります。職場の同僚に誘われたり、友人に誘われるなど、色々な場面で儲け話を持ちかけられるものです。儲け話に共通して言えることは、資金を提供するということです。それなりに大きな金額の場合が多く、貯金に余裕が無い人は借金をして資金を提供する人もいます。投資をすることによって後から利益が還元されるという内容が多いですが、これはほぼ利益が還元されることはありません。いわゆる詐欺の内容が非常に多いので、同じ投資をするのであれば金融商品で株や為替に投資をする方が断然に利益の可能性は高いと言えます。簡単に話に乗ってしまい、大切なお金を騙し取られるという事件はとても多いので、こういった話には十分に気をつける必要があり、しっかりと内容について説明を求めることが大切です。

紹介屋と整理屋

2014/08/24

多重債務に苦しむ人は、全国で100万人を越える、という統計もあります。この人たちはただでさえ経済的にも精神的にも苦しんでいるのに、さらに追い打ちをかけるように食い物にしようとする輩がいるのです。
まず、俗に「紹介屋」は、スポーツ紙の広告やチラシなどで広告を出して多重債務者を集めます。そして、どこからも借金できない人たちの立場につけ込み、借りる事ができる業者を紹介するなどと言って、融資額の2~5割という高い紹介料を請求してきます。さも自分の尽力の結果として融資を受けられたように言いますが、実際には融資基準がゆるい業者を紹介しただけだったりと、何の働きかけもしていないことがほとんどで、実質は「紹介しない屋」と言ってもよいくらいです。
次に、「あなたの債務を整理・解決します」などと広告を出して「整理手付金」などの名目で現金を預かり、全く整理をしないでお金だけ騙し取るのが「整理屋」です。整理どころか、債務は減らずにお金を取られるだけです。実在する弁護士の名を出して信用させる場合もあります。この「提携弁護士」は、懲戒処分を受けて仕事がなかったり、悪徳業者が示す報酬に目がくらんだ弁護士がほとんどで、弁護士会としても根絶に努めていますが、本物の弁護士だけにかえってタチが悪いと言えます。いずれにせよ、あちらから親切顔で多重債務者に近づいてくる人間には要注意です。

借金の原因は浪費ばかりではない

2014/08/24

世間において借金の原因は浪費が多いです。欲しいものを購入するためにお金を借りたり、旅行へ行くためにお金を借りるなど、自分の欲求を満たすためにお金を借りることは非常に多いものです。浪費というのは我慢をしてお金を貯めることで借金を抑えることができます。こうしたことをしっかりとできる人は無理に借金を抱えることも少ないものです。しかし、借金を作る原因というのはこうした自分の欲求によるものだけではありません。投資や事業のためにお金を借りることもあります。投資や事業のための借金を作るというのは誰にでもありえることです。何故なら、お金を増やすための借金なので、上手く利益を上げることが出来れば簡単に借金を返済することが出来ます。そして、世間において投資の話や事業の話というのは到るところにあるもので、このような美味しい話を持ちかけられることはあるものです。投資や事業で成功するのはとても難しいもので、自分でしっかりと内容を判断しなければなりません。単にお金を用意すれば利益が出るなど、それほど簡単に成功することはできないので、このような話があるときに簡単に借金を作ってしまわないようにしっかりと判断をしたいものです。

日常に潜む借金への扉

2014/08/24

誰にとってもお金は本当に必要なものであり、たくさんのお金があるほど満足のいく生活をすることが出来ます。お金が足りないときは金融会社を利用すれば借りることができるのでとても便利です。しかし、できれば借入をせずに給料からしっかりと貯蓄をする方が好ましいと言えます。お金を借りることができるのはとても便利ですが、そうして借りたお金は何があっても返済をすることになります。借りた金額を返済すれば良いだけではなく、金融会社に対して利息を支払う必要があります。これがとても大きなデメリットだと言えます。日常において色々なところで借金への扉は用意されているので、お金に困ったときはついついお金を借りたくなるものです。お金を借りるというのは良いイメージではありませんが、これは悪いことでもなく、人によってこうしてお金を借りることで、大きなメリットになることも多いものです。要は何のためにお金を借りるのか、ここが重要であり、本当にお金が必要なのであれば、それは金融会社から借入することは非常に便利なものになります。また、しっかりと返済計画を立てて、きっちりと完済できればお金を借りたことは結果としてメリットだったと言えます。